kingdom of SWEDEN

北欧の小さい国で自給率80%の国。厳しい自然の中で、限られた食料を国民で仲良く分けて自国を守ろうとしたことから、すべての人(障害の有無、男女、老若に関係なく)は、平等であるという考え方が根本にあり、2度の大きな大戦に巻き込まれることなく、造船事業などで非常に豊かになった国が当然のように高福祉政策をとった。そして現在、造船事業の不振廃業、経済変動による収入減から、その負担は国民に重くかかっている。ソマリア等から流入する難民などへの国民同等の福祉には、不満の声も出ているようだ。

質問に対して『ハンディキャップを持つ人のハンディをとってあげたら一緒に生活できる』何度となく耳にした言葉。それが実現できているところが素晴らしいと思った。

教育部会の海外ミッションも4回経験したことで、問題点なども整理できる頃だと思う。事前の学習の必要性も感じたし、旅行社をどう入れ込むかも課題だと思う。ミッションに向けて部会の活動を方向付ける手もあると思う。ホテルでの反省会を活かして、次回のミッションは更に素晴らしいものにしていって欲しい。そして何よりも日本を素晴らしい国、素晴らしい国民にしていかなければならないと思う。

ありがとうございました。

前へ  戻る   次へ(訪問した小学校のリポートへ)