kingdom of sweden

6月1日(木) 相互協力社会フルルンへ。子供たちが騒ぐことも、老人にとってはいい刺激となっている。と、学校や幼稚園と老人ホームが同じ敷地内に・・・。排他するのではなく、共存する道を作り出すスウェーデンの人たちの姿勢を強く感じた。

Frulund I Partilleの老人ホーム内にはレストランもあり、一般人にも開放されている

ヨーテボリ大学前  大学内にスウェーデン最大、地下7階!の図書館を所有している

午後はヨーテボリ大学を訪問。学費はタダ。組合会費200KL(約2,400円)支払うのみだそうだ。大学の入学に関して非常に興味深い話が聞けた。高校の成績がよければOK。悪くてもテストに通ればOK、社会に出て働くとポイント加点!!!そりゃそうだ。・・・・・卒業していくのは60%だそうだ。

夜、ホテルのロビーで反省会。来年に向けて、次のミッションに向けて色々な意見が出た。幼稚園コース、社会教育コース、学校教育コース、スポーツクラブコース、等々に別れて視察するのも一つのアイデアだと思う。言葉の問題をクリアーできれば・・・・。参加者全員が来てよかったと思ってくれているようで、本年のミッションも成功だったと思う。

前へ  次へ