ドイツミッション

 

 今回のドイツミッションは、教育だけでなく、旧東と西との統一後の姿もごく一部ではあるけれど見ることができたと思います。人々の考え方を国レベルで変えなければならない。しかもそれを戦争という手段でなく平和の中でやらなければならないのは、ある意味で日本もそろそろそういう時期になってくるのでは・・・

 もっともっと深く学び、何からすべきか・・・

世を変えるのは、先のない老人ではなく、先を憂えることのできる若者の任務だ!

自分の力はちっぽけかもしれない。けれど何かをしなければ、仲間さえも見つけることができない。

勝者は、勝者と集まる。そこで話されていることは常に前進することだ。

敗者は敗者と集まり、そこで話されていることは愚痴ばかりだ・・・・

 帰りの搭乗手続きは、ついに個人扱いで、個々でしてもらいました。これで、”何時でも何処へでも出掛けられるようになった”とは言いませんが、貴重な体験をしていただいた方が多かったのでは、と思います。第2弾、第3弾と回数を重ねれば重ねるほど、今回の旅程は思い出深いものになってくれるものと思います。

 参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。参加できなかった皆様も含め、今後につなげるために、真剣に討議する機会を設けたいと、そこまでが幹事の仕事と思いますので、宜しくお願い致します。      

戻る