戻る      意見を見る   Q1 Q2 Q3 Q4 Q5 Q6 Q7

〜庁舎建設について〜

Q7 鈴鹿市の新庁舎
項 目 人数 割合
すぐ着工すべき  83人 17.7%
見直すべき 326人 69.4%
わからない  55人 11.7%
無回答   6人 1.3%
円グラフ 鈴鹿市の新庁舎はすぐ着工すべき?見直すべき?
ご意見(以下代表的な回答(順不同))
 
すぐ着工すべき
・着工すべきです。

・東海・東南海地震がいつ来てもおかしくない状況なので、早急に対応してほしい!

・鈴鹿市の顔がいるから

・1日も早く便利になるようにしてほしい
・長いこと分散した状態は良くないし、現在の庁舎は明らかに古すぎだから。早く新庁舎が完成してほしい。
・市の体制を早く整備し、市の発展を努めるべきだ。

・分室をなくして早く一つにまとめるべきだ。

・現状のような仮庁舎がいつまでも続くのは望ましくない。

・それなりの新庁舎建設を経済と活性化させる意味でも、必要ではないかと思います。

・鈴鹿の将来をみすえてやるべき

・亀山・関との合併がないならば、不便を感じている為、すぐ着工した方がよいと思います。

・その工事に妥当性があるなら、すぐ着工すべきだが、市民にすべて(金額、業者等)開示すべき。今の社会の
 現状を知って下さい

・次の合併までに戦略的に着工すべきと思います。
 
・スペースを多く取っても良いが、課に人員が多すぎる為、使用する時は何かで目隠し、又は飾り物をする。

・入札問題で中止は残念に思います。市・議会・市民が、談合のないよう願いたいと思います。分散状態では不便が
 あり、着工すべきです。

・加藤前市長は、合併問題中に建設に掛かろうとした。合併ならどこが中心になるのか判らないのに進めたのはけし
 からん。(場合によっては、議会関係が判らないのに進めるとはけしからん話だ。)
・必要以上に立派にする必要はない。出来ることなら無駄な点はないか今一度調査点検をして出来る限りの建設費用の
 縮減努力も必要かと思う。建設中の新中部国際空港の建設費用縮減の好例のように。

・見直しの必要なところは早急に検討して、すぐ着工すべき

・着工すべきだが、建物の大きさ・事業費を見直して欲しい

・規模を縮小して、鈴鹿市に見合った庁舎に計画しなおして、早急に建設すべきと思う。又、入札をオープンにして、
 不正のないように。大手ゼネコンが落札しても、地元企業とJVを組んで、地元対策も考えてほしい。
 
・但し、事業費の見直しは必要
 
・見直して着工すべき

・いつまでも分散した状態ではよくないと思うので、すぐに着工すべきであると思うが見直した上で着工すべきである。
	
見直すべき
・見直しののち、必要であれば着工

・建設はいつでも出来る。白紙に戻し、現状を詳細に再点検(民も参加)市民参加の納得のいく市庁舎でなければならない。

・今まで遅れているのだから、もう一度原点に帰って見直すべき。設計費用等再検討しては如何でしょうか。

・何回見直してもよい。特に市長・市政の交代があるので

・現在の庁舎は古い上に狭いので、鈴鹿市の将来の繁栄を想定しての建替えが必要かと思います。

・中止への見直しではなく、納得の為の見直し。

・分散した現状では不便であるので、集中庁舎は必要である。しかし規模の問題である。見直した後でもよい。
 →規模縮小で、スポーツ・文化に目を向けてほしい。

・仕事をされる行政の方々には不便なことが多いと思うが、市民サイドからはじっくり検討を加えて決める方向を願いたい

・出張所でオンライン化してきている流れで、市民が庁舎まで行く機会が少なくなってきているのに、職員の職場快適さ
 だけの庁舎にならないか。

・市民ロビーはここまで広いものが必要でしょうか?ほんの数分の必要な手続をしにいく為に駐車場からこの距離を歩か
 なければならないのはどうかと思います。市役所は憩の場ではなく、手続や仕事をするための場所。もう少し簡素化し
 てもよいのでは

・合併はせず単独市として行くのであれば、100年200年後までの市発展を前提として建設場所、規模共見直すべし。現在
 地に建設というが鈴鹿市を将来どのような都市像を描いていくのか全く不透明。都市計画をもっと明確に打ち出すこと。
 車座懇談会でも市長からのことは一言も話がなかった。しかし今日9/5日の新聞では、現在地着工と言っている。前市長
 の引継ぎとはあまりにも市民をみくびっていないか。

・将来のことを考え、慎重に着工すべきである。(費用が大きいので)

・市民の納税を考え、庁舎と市の預金高と元市長の計画案の見直しを図る事。

・建設は見直すべきである。停電、地震等の災害を考えて対処すべき。
 
・現在の鈴鹿市の現状(合併問題・財政面など)を考えれば、高さが必要か否か市民のコンセンサスを得る上で再考戴き
 たい

・新庁舎を建設するならば、鈴鹿市の実状に合った建設を願いたい。現在の状況でも支障になっていないし、分散型でも
 良いのでは。ITを使いこなす等の工夫をして、自活治動を行ってほしい。

・予算案で市民などの賛成も得られるのであればすぐにでも着工してはどうかと思う。この高齢化社会の内、分散型の庁
 舎はとても不便であり、どちらに行けばよいのか判らず、とまどったり、面倒だという意識から本当に利用したい人も
 縁遠くなり、勿体無い現状もあると思う。見直しは必ず行って頂きたいです。
 

(現在の場所を見直すべき)
・庁舎が分散しているのは、とても不便ですが、一度建てたら建て直すことなんてできないので、しっかり検討すべきだと
 思います。あの場所にたてなければいけないのでしょうか?もっと広い場所を探してもいいのではないでしょうか?市民
 会館を利用するものにとって古い庁舎がなくなった跡地の今の広い駐車場はとても利用しやすいです。

・神戸にこだわらずに、電通学園の跡地などへ移転を考えてほしい。立派な建物が既に建っているのだから、利用しない手
 はないと思う。

・現在地は周辺の道路が狭く、市役所用地に適さない。将来像を見据え新しい用地を探すべきだ。拙速に走るべきでない。

・市役所機能の中心部である市民ロビー、議会、市民会館などは、近鉄特急停車白子駅近く、国道23号沿い(学園跡や体
 育館が良い)とし、分散部局間はTV電話で対処する。

・思ったことですが、NTT学園の跡地の7階建ての建物を利用したらどうでしょうか。敷地も充分な広さだと思います。
 鈴鹿の中心になれると思います。

・将来を見据えて、都市計画の中で(鈴鹿市の未来像の中で)庁舎を考えるべきである。やはりNTT跡地が最適地と思う。
 (市民会館も老朽化していることも併せ)

・NTT学園跡を利用する、既設の建物をリフォームして、長期計画で建て直す
 

(要望)
・建物が大事なのではなく、業務内容の見直しを・・・例えば、平日仕事に出ているものは、全く市役所を利用できない。
 土日祝日・夜間も利用を考えて欲しい。ニュースで聞いた事がある。どこかの市では夜間・土日を営業していると・・・
 市民を一番に考えるのであれば、すごく大切なことだと思うのですが・・・

・新庁舎の中に休日応急診療所があれば、安心できる。今の休日診療所は外灯が少なく、夜は不安。

・屋上に非常用アマチュア無線アンテナを常設してもらうよう依頼済みです。是非御願いします。

・遅くなった分、十分検討して、一日も早く着工して欲しい。私達、今ボランティアでだれでも憩の場として喫茶店をし
 ています。場所の条件が悪く、いまいち利用して戴く方が少ないのですが、市役所の中にそんな場所があればいいなと
 思います。

・場所=かえてもよかったのに。 内装=体に悪い建材、使っていませんか?と同時に体にいい物使いますか?全敷地内
 禁煙ですよね!

・ほとんどが会議室で一般はどうして使うのか、それに議員室が大きい。もっと気軽に出入りしたいものですね。

・市民の為の庁舎を建設してください。
 
・新しい庁舎を建設するよりも各地区の出張所で色々な手続ができるようにしてもらった方がより便利になると思います。

(疑問)
・建築予算はどのように賄われますか。

・新庁舎を建てる目的がよく分からない

・駐車場から庁舎への連絡通路はあるのですか?窓口が1F2Fに分かれていますが、エレベーターなどの設置はあるの
 ですか?

・以前、小学生を対象に、夢の庁舎、理想の庁舎をテーマに、絵画を募集し、多くの子どもたちが応募したが、その後そ
 れはどのように扱われたのか。或いは又、少しでも子どもたちの夢を取り入れることはあったのか。

・食堂を市民にも開放するべき。駐車場が少ない。水道局だけ離れるのは何故か?神戸地区再開発事業等と一緒に商店街
 とのタイアップはあるのか?駐車場のないところには人は集まらない。

・あんなに高い建物を建てても台風とか地震で欠陥が見つかった時、誰が責任をとるのか。防災本部として本当に大丈夫
 なのか。

・市町村合併問題と切り離して考えられない

・合併の相手によって新庁舎の条件・内容が変わるのでは。現在特に不便を感じないのならば熟考しては

・現庁舎が分散しているのは市民サービスからみて不便である。事例として市民が扶養・年金など申請に必要な書類を
 取り揃えるときなど、市民課・税務課・保険課などに出向き2つの棟間の公道を挟み渡り歩く必要があり、老人などは
 困るだろうなと思います。
 こうした庁舎として利便性をいま持たないことを早期に解消して欲しいと願望します。ただご指摘のごとく、工事中
 断が談合問題を理由にしているのは全くの「筋違い」であって、本音は「市政の怠慢」としか写りません。
 談合問題解決は早期に次元の違う解決であり、これだけ長引かせるのは民間企業群から損害賠償されかねません。
 結果として、鈴鹿市は町村合併しないなら現計画で基本的によく、行政機構改善のフローチェックをした上で早期着
 工をするのが次善の策と判断します。
 市町村合併と庁舎建設などはいずれも連動している課題であり、今春の市長選挙・市会議員選挙での公約争点である。
 特に前市長の判断は市民の動向を捉えてなく、その一連の動きを見ていると、疑問をもたらず得ない状況にあった
 (最後の頃は市議員からも疑問符がついていた)。ただ原因が前市長なのか、または取り巻きの部下なのか古参議員
 なのかがはっきりしなく、今後は新市長からの市民への積極的な情報提供を望みたい。

・合併を実施しない事になった現在、今一度すべてに見直しをするべき。
 

(その他)
・「財政が苦しくても建設の必要性があった!」と、後になって言い切れるのか?

・立体駐車場が既に完成していると言うのは大変もったいない話です。建てたものは仕方がないので、市民の利用度を考
 え、有効に活用すべき。有料化をして、市民会館での催しに使う、車で通う職員からも一般並みの料金をとるなど。市
 民の意見を十分に聞き入れて見直しをすべき。まだ間に合います。

・建設予定地の段階から見なおして欲しいが、すでに駐車場が完成しているのでそのへんがネックでしょうか。 何にし
 ても市民の為の市庁舎という気がいないのが残念です

・何でも捨てて新しい物を買えばいい、という現代の在り方、市が率先して帆船の範となってほしい。価値あるものをな
 るだけメンテナンス、保全して利用する努力をすべきである。

・前市長のときアンケート(合併)に答えた一人ですが、その後のことについては何も知らされていない。私は鈴鹿市民
 であり、三重県民であります。残念ながら三重県に政令指定都市がありません。以前は岐阜県よりも人口、予算とも上
 位にありました。これは岐阜市の人口から考え現在の状況は当然であります。このような時期に庁舎建設であれば、合
 併を積極的に推進し、その結果で判断すべきが当然と考えます。「見直すべき」

・市民の生活環境が厳しい中で庁舎建設は必要ない。 

・市民の9割以上の人は市役所に足を運ぶのは三年に1度もない。よって、100数十億円もかけて庁舎必要でしょうか。
 必要なのは公務員と業者以外ないと思う。

・景気の回復を望めない現時点に於いては新庁舎は見直すべきと考えます。
 
・今は景気が低迷しているのでもう少し様子を見た方が良い。
・借金・市債の少ない市の方が良い。

・現状の財政がよくないのに、何故着工するのか。もっと余裕のある時にするべき。

・庁舎にお金をかけるより、もっと他の事にかけて欲しい。庁舎を立派にしても、一般市民の私達には何も変わらないし、
 市の財政を考えると大変なのでは・・・

・市役所より、もっと学校や福祉にお金を使って欲しい。普通の市民は市役所を利用する回数は、さほど多くはないので、
 不便さを感じない。

・人口減少と所得がアップしない企業の財務の能力から鈴鹿市の納税額もダウンとなり、市民は苦しむ、市も苦しむ。

・出張所があるので不便は感じない。

・一般市民は年に数回しか利用しないのではないか。支店で用が足りる。本庁まで出かける事がまずない。

・情報が行き渡る様になり、ほとんどの書類は出張所で当日受け取り可能となっているので、わざわざ以前のように本庁
 まで出向わなくてもいいから、行く気さえなくなっている。むしろ、市役所の方が時間がかかる事も多い

わからない
・今までの庁舎で特に問題無かったと思う。これだけ立派な庁舎は必要か...。

・地方分権の流れは長期の見通しとしてある以上、県、国よりの移管事務も増える可能性も有り、余裕があればハコは大
 きい方がよいと思います。

・市民の負担は?庁舎の機能は?

・老朽化がどの程度なのかわからないし、今の建物の処分ででるごみはどうするのかな〜と思う

・ご質問の意味が不明?

・たらいまわしになって とても苦労しました。車の無い人は困りますよ。始め、地図を買いました。便利になれば良い
 なぁ。
 
・市の職員の方がより良い環境のもとで、我々市民ののために仕事をしていただけるのであれば、すぐに着工しても良い
 と思う。ただ、総事業費、職員数、建物の大きさなどは、今まであまり関心が無かったのに加えて、市のこれからの計
 画・構想が多くの市民は分からないと思うので、新庁舎の計画が高い、大きいとは一概に申し上げにくい。
無回答
・景気の動向を見て、適当な時期に着工しないと建築時期を逃すことにならない?

・Q5のアンサーで回答が変わります。市民の事を考えてのことならOKでない以上見直すべきと思う。
 
 
Q1 Q2 Q3 Q4 Q5 Q6 Q7