戻る     意見を見る   Q1 Q2 Q3 Q4 Q5 Q6 Q7

〜新庁舎の計画について〜

Q3 庁舎職員の数 860人は
項目 人数 割合
必  要  27人  5.7%
必要ない 351人 74.7%
わからない  90人 19.1%
無回答   2人  0.4%
円グラフ 新庁舎計画で庁舎職員の数を現在より100名多い860人と設定していることについて、あなたはどう思いますか?
ご意見(以下代表的な回答(順不同))
必  要
・他市との合併がない以上、職員増は仕方ない。
必要ない
・職員数も現在の業務を見直し、少数精鋭化にすべき。

・民間会社に勤めていますが、毎年要員を減らされて、個人の負担が増えています。公務員にも民間と同等の努力が
 必要。増員すべきではない。したがってそれほど大きな建物は必要ではない。

・今一人一人の負担増(仕事)が当たり前の社会。少なくするなら分かるが、増は論外です。

・何故100名の増員が必要なのか、少数精鋭を目指せ。民間はギリギリのリストラをしている。自覚が必要です。

・IC時代に人数は増員する必要なし。

・パソコン導入で仕事が簡素化されているのに、職員を増やす必要はあるのでしょうか?

・職員数は削減の方向にもって行くべきである。コンピューター導入の時代に何故増員しなければならないのか。

・職員数には今日IT化が進む中、事務処理が大幅に早くなっている現状より減を望む

・職員数は電子化等により、又出来る限り民間に委託して、人員巌をせよ(給料CUTを行え、人件費を減らすこと)

・21万人にならないと思うから

・逆に人口が減少するものと思われ、職員もそんなに必要ないと思う。

・たとえ人口が増えても、いろいろ合理化を進め職員は現人員程度でやるべきだ。

・市職員の人数に関しては現状のままでも多い気がします。

・人数が多くて、大きい建物で効率よく対応していただければいいのですが、少し疑問が残ります。過去行った時は
 必ずたらい回しにされます。

・職員数が多すぎるのか、ダラダラしている姿や私語が多いように思われる。担当以外の人達は、関係の無いように
 見ている姿がみられる。

・職員の数ですが、今でも市役所へ行くと仕事をしているのか分からない人が沢山いるように思います。

・50〜60名は減らせるはず。ちょこちょこ行くのですが、お茶を飲んだり、たばこを吸ったりしている職員が目につく。

・市役所に行くと、職員の方が何をするわけでもなく、暇そうにしている人が目につきます。見られているのに気が
 付くと、バツが悪いのか奥へ隠れて行ってしまいました。これ以上の増員は必要ないと思います。

・課によって遊んでいる人が多い。ほんの一部の課のみが忙しいだけ。

・今でも人があまっている。現状の人員は年度末の多忙期に残業しなくても良い人数がいる為。

・私は市の職員と遊びに出かけた時、真面目に仕事をしたら市の職員はどれぐらいでいいか聞いた。三分の一もあれば
 充分と言っていた。又、パソコンを整備して事務の効率化を進めているのに、職員を増員するとはどれだけの公務員
 が楽になればいいのか。納税者の気にもなってほしい。

・総事業費について、職務終了後(5時)ただちに帰宅できるこれ以上の人員は不必要と思う。どのような職場でも、
 ベルが鳴ってすぐ帰宅できる所はない。
	
・行政サービスは現状にとどめるべきです。人が増えたからといって、市民が期待している行政サービスが受けられる
 とは限らない。

・情報社会の中で建物が大きくなったからといって、職員まで増やす必要性ってあるのカナ?と・・・。

・現状においては削減すべきである。

・800人まで

・600人位

・職員は半数に!!

・知っていますか?!公務員の残業の日給があんなに高いとは知らなかった。今、会社員、その他給料も上がらず、職さえ
 もない人が多い中、恵まれすぎている。公務員の数が多くなるだけで、税金が使われすぎる!!そして日本人、外国人
 差別する目で見る職員はいりません!市民から苦情の出た職員をチェックして欲しい。(苦情を出していないが、思っ
 ている市民も居ます)

わからない	
・Q2・Q3への意見:ご質問は急所をついており、庁舎は将来の執務職員数から床面積が計画される。これは市人
 口が今後どうなるか、また行政需要が増減するかを判断するのが必要であり、この説明は過去に全くされていない。
 特に建設と市町村合併を同時期となったが、仮に四日市市と合併を目指すなら議場は必要なかったはずで、サブ市
 としての行政機能における庁舎がどうあるべきなのかを見てからは工事発注するのが正しかったと思います。また、
 反対に亀山・関と合併の場合は、本庁庁舎として適切なのかも事前に判断し、議会と市民に説明合意を得るべきで
 あった。
  もう一方の観点は、市行政改革の結果からみた行政需要と対応機能・規模はどれくらいなのか、その結果必要職
 員数からの執務室、必要空間(会議室・コミニティーなど)が算定されるものであり、それが明示(結果を得る)
 されないまま、建設ありきが先行したのではと疑念をもっている。  先日ある新聞に、本田技研鈴鹿工場が縮小
 するのが掲載され、人口減少・若者減少になるのではとあった。あって欲しくないことですが、全くデマかと不安
 と疑心をもっていますが、市はこれらの事実を確認しているのかな?  2010年に人口21万人は、通常でも
 少し無理がありそうと判断しているが、ホンダ及び関連企業の動向により大きく前提が変化する。ただし庁舎建設
 の床面積は5%ほどの余裕を持ったのが良いと判断します。
 
・けれども、現在の職員数が必要数かどうかという事には疑問がある。

・現状の職員さんの仕事状況は?
 
・仕事内容が不明?仕事の効果・効率など?

・全職員1600の内、新庁舎へどれだけ入れるかである。
 
Q1 Q2 Q3 Q4 Q5 Q6 Q7