戻る     意見を見る   Q1 Q2 Q3 Q4 Q5 Q6 Q7

〜新庁舎の計画について〜    

Q1 あなたは、鈴鹿市新庁舎建設までの経緯を知っていましたか?
   項 目 は い いいえ 無回答
平成11年10月 広報「すずか」で「鈴鹿市庁舎の基本構想」を発表 62.6% 36.6% 0.9%
平成12年 1月 広報「すずか」で「鈴鹿市新庁舎建設基本計画」を発表 60.2% 38.9% 0.9%
平成13年 3月 市議会議員・報道機関に「新庁舎建設基本設計」を発表 40.6% 58.5% 0.9%
平成13年12月 加藤市長は、「新庁舎建設は、市町村合併問題とは切り離し、これまで           の計画どおりに進める」と答弁 47.9% 51.3% 0.9%
平成14年 4月 加藤市長が記者会見で「新庁舎の建設は、法定合併協議会の枠組み           が決まるまで様子を見たい」と発表 51.1% 48.1% 0.9%
平成14年 4月 「立体駐車場 第1期建設工事」着工 44.3% 54.9% 0.9%
平成14年10月 「立体駐車場 第1期建設工事」完成 211台駐車可能 53.4% 45.7% 0.9%
平成15年 1月 新庁舎建設工事の談合情報が入り、入札延期 44.9% 54.3% 0.9%
平成15年 4月 公正入札調査委員会からの提言を受け、新庁舎建設工事の入札を中           止 41.1% 58.1% 0.9%
グラフ 質問別認知度(数値は人数)
グラフ 9問中何問しっていましたか?
ご意見(以下代表的な回答(順不同))
・一般市民まで問題をおろして、充分議論・検討すべきである。

・だいたいは知っていましたが、そもそも最初の基本構想をどこでどうやってまとめたのかがわかりません。
 市民全体の意見を聞いた上で再検討すべき。

・既成事実がどんどん進み、広報には報ぜられないのはおかしい。行政は住民の納得の上になされる努力をすべき。

・市報等で過去に公開された事項でしょうが、重要要件であり「市長も交代された」「NTT跡地利用」など状況
 変化もあるので、是非再度議論を起こして欲しい。

・建設地は、広く市民にアンケートを取り、公正に判断すべきである。白子・神戸の感情論ではダメ。

・行政サイドで決め、広報で周知させる様な事は好ましく無い。それぞれの地域には議員さんがおられるので、幅広
 く公聴会を設け、市民の意見を議会に繁栄すべきと思う。

・過去における流れで市民から見て不明点が多く、よほど市広報を見ていないとその経過が理解できない。
 当時庁舎建設場所を中央道路南(JA庁舎西)が基本案として市は考えていたが、古参議員に押し切られ神戸地区
 の現状土地に決定した。建設の必要性より立地場所が最大課題となっていた。
 先の市長選挙で争点は、今日鈴鹿市が問われている市町村合併と行政改革の成果であり、これらを踏まえた結果を
 判断した建設計画であるべきです。よって市庁舎建設の必要性の理論形成が貧弱である。
 市庁舎は確かに分散型で、かつ耐震上疑問(s56年以前は不良)な棟もあり、建替えの必要があるものの、この時
 期にするならこれらを市民に回答してから着手するのが正しいと判断します。
 
・合併問題について:市民の方まで内容が下ろされていなかった。後で思ったことですが、「何の為の市議会員か?」
 我々の代表であるなら、彼らの口から市民に話して欲しかった。自分達の立場(個人的なかけひき)で判断したの
 ではないかと人々は言っております。庁舎の件も地域の人々に説明すべき。皆の代表ですからね。

・なにもかも市民に公開すべき!一部の市職員・議員でするな!

・広報では分かりにくい。こういった重要案件は、単独の内容を記載した広報を発刊した方がいいと思う。

・職種柄知り得ただけで、一般の市民には分かりづらいと思う。

・市民へのPR、報告が不十分と思う。

・市広報で周知したとは考えないでください。勿論市民の義務ではありますが、残念ながら10分の1程度と判断して
 おります。

・今までもこれからも専門用語はわかりやすく、説明しながら進めていって欲しいですね。市報を読むのは、関係者だ
 けではないです。小中学生から老人まで居ます。わからない言葉、カタカナを使われると読みにくくなり、自然と流
 れは知らなくなります。

・すずか広報が横書きになってから読みづらく、ほとんど読んだ事がなく、最近の市の動きは解りません。

・<広報「すずか」で発表>とありますが、ほとんど読まないのでは?

・広報「すずか」だけでは、なかなかわかり辛いと思います。

・合併問題が決着するまで庁舎建設に手をつけるべきでなかった。

・合併は4年後に方針を出すべきであり、実際の合併は5年以降がよい。40〜50万人の都市がいると思う。少なくとも
 30万以上で、区がいる。今は中途半端である。県内2位から1位をめざすがよい。

・市町村合併の相手も決まらないまま、市庁舎の更新が先に決定され、市議会で何を議論しているのか、当事者は何を
 考えているのか分からなくなり、無関心になった。合併先が決まって、どこに建設するのかが決まると考えていた。

・庁舎の建設が決まっていないのに、工事が進行していることが不思議でなりません。そんな企業は存在しない。

・新庁舎建設は合併協議会の枠組みが決まるまで様子を見ると云いながら立体駐車場を建設し、15年1月には庁舎建
 設工事の入札を行おうとしたことは理解できない。

・前市長の独断で決まったように思っている。

・前市長の独裁的思考が強いと思われた。合併とは別に庁舎が古くなったので建て替えたいという話なら納得もする。

・前市長の失策ではないか?

・よその市町村が新しい建物に換わっているから、鈴鹿市もと思っていないのか。そんなに金が余っているのか?
 
・とにかく遅すぎる。

・現在のあの場所にこだわる理由が納得できません。神戸地区の皆さんのご意見(ご要望)に押し切られた感じが否め
 ません。

・新庁舎建設に反対である。120億かけるなら電通学園の10万坪の土地が買収できるので、安定した庁舎を建てることが
 出来ると考える。
 
・談合のない公正な再見積をとるべし

・鈴鹿市の談合は今さらって感じ!!

・談合などとても許せない行為です。今後も絶対に行われない様にしていただきたい。とても腹が立ちます。
 
 
・無関心だったこともありますが、そんなに早く進んでいたとは知らず、驚きました。
 
・庁舎新築の話は聞いていましたが、経緯は知りませんでした。
 
・だいたいは知っていたが、あんな立派過ぎるものとは知らなかった。

・詳しい事柄は解りません

・何も知らなかった

・私達の年代(28歳)は行政に関心がありません(子育てにほとんどの時間・労力を使い切っている為)

・広報「すずか」は読みますが、忘れがちです。85歳・78歳の老人二人で外出も少なく、わからない年ですみません

・申し訳ないが、広報を詳しく読んでいない。

・アンケートが着き、資料を見て初めて知りました。

・一部広報では知ったが、全体の流れは知らなかった。

・鈴鹿市新庁舎の建設は知っていたが、発表時期や経緯については細かくは知らなかった

・単に鈴鹿市新庁舎が建設中ということだけは知っていました。これを機会に今後広報や新聞等注意したいです。
 
・いつのまにか駐車場ができていました。

・かなり無関心だったと思いました。

・駐車場が出来たから知っただけ
 
・あまり興味がなくて、今頃になって気にし始めました。

・すずか広報は読んでいますが、読んでも忘れて居る事もありますから、再確認の感じで見ましたが、談合情報・入札
 延期なんて黒い影がちらちらと・・・嫌ですね

・広報余り見ていませんでしたが、経緯がわかりましたね
 
・経緯のすべては知らなかった。平成11年当時と現状との違いによる考え方がはっきりしない。

・すべてを知っていた訳ではなく、知らなかった部分が多い。分散業務を集中することには賛成である。

・立体駐車場が着工・完成は知らない。建設工事中であったことは知っていた。

・職種柄知り得ただけで、一般の市民には分かりづらいと思う。

・広報「すずか」載ると解りますが・・・

・設問について部分的に知っているのと、知らないのがある。
 
・広報すずかを見ているつもりでしたが、新庁舎建設の経緯がはっきりわかりました。
 
・広報すずかを読んだり、人に聞いたりして知っていました。

・今までの経緯を列記してあったので思い出しました。

・はっきりとは言えませんが、だいたいの流れは知っていました。

・知っているが、意見がのべられない。

・最近は、特に関連情報について 広報「すずか」や新聞記事に関心が深くなりました。

・多分、その時点においては、広報に目を通して居りますから・・・

・月日までは覚えてませんが大体知ってます

・大体のことは知っていた。

Q1 Q2 Q3 Q4 Q5 Q6 Q7